太陽が見た滝と幻

太陽が見た滝と幻

「船乗り」を好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいると思う。なんの感情もない人だって。アナタが感じる「涙」って、どうだろう?

凍えそうな日曜の晩に立ちっぱなしで

まだまだ社会に出てすぐの頃、知識がなく、大きなトラブルをもたらしてしまった。
心配しなくていいと言ってくれたお客さんだが、挽回の仕方も分からず、涙が出てきた。
お客さんの一人が、エクセルシオールのカフェオレをあげる、と言いながらくれた。
誤って2個注文しちゃったんだよね、と言って別の種類のドリンクを手に2つ。
長身で、細身で、とてもさわやかな顔つきをした若い人。
申し訳なかったな、と思う。

天気の良い仏滅の昼はカクテルを
村上春樹の文庫本がおもしろいと、周りの人々のリスペクトを教えてもらい、手に取ったのがノルウェイの森だ。
これは、日本以外でも大勢の人に読まれており、松山ケンイチさん主演での映画化もされた。
彼の話は、会話が面白く、サクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との両者の間でゆれる、ワタナベは、いかにも生死の間でゆれているように感じる。
そういった骨組みを無視しても緑も直子も素敵だと思う。
それに、特攻隊や永沢さんやレイコさんという役が加わる。
登場人物のみんなが、魅力がありどこか変わっていて陰の部分を持ちあわせている。
大分前に知ったストーリーだが読み返そう!と思い立ってページをめくったことが何度もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
素敵な返しだなと感じた瞬間。
そして、直子が幸せ者に見えた。

悲しそうに跳ねる友達と読みかけの本

あんまり、テレビドラマは見ないけれど、ここ最近、それでも、生きていくを視聴している。
加害者の家族と殺された小さな子の親兄弟が会うことになってといった話の流れで、通常はありえない内容だ。
被害者の両親と兄達と犯人側の親兄弟のどちらの家族も不幸なめにあっている様子がえがかれている。
流れの中身は非常に暗いけれど、しかしその分、色づかいはきれいなようにつくられている。
花や自然の映像がたいそう多く使われていて、牧歌的できれいな映像がたいそう多く使われている。
これから、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

泣きながら踊る妹と花粉症
ある日、京都や奈良まで働きに向かった。
この辺りはとてもあつい!
Vネックのカットソーの上から、ジャケット。
汗だくになりすぎて、上着のジャケットは凄い事に。
泊まり先にに到着して、仕方なく洗剤で綺麗にした。
乾いたらそのジャケットはピンクグレープフルーツの匂いがした。
ジャケットが汚くなるのではないかと気になったけれど、それでも洗わなきゃいけない心に決めていた。

熱中して吠えるあの人とアスファルトの匂い

作家、太宰治の斜陽の、をよく読む私は、三津浜の安田屋旅館に宿泊に行った。
共に本大ファンの友人。
こちら安田屋旅館は、太宰がこの本の一部を集中して書くために泊まった海が見える旅館。
とにかく動くと、ギシッと、音がする。
ランチのついでに見せてもらったのが、宿泊した二階にある古びた部屋。
富士が半分だけ、顔を見せていた。
道路を挟んですぐの海には生け簀が作られていた。
この辺は来た甲斐ある。

雪の降る平日の明け方は目を閉じて
ある寒い日の夕方、少年はお母さんからお使いを言付かって、白菜とねぎと豚肉を買いに行く途中であった。
少年は喜んだ。
今日はおなべだ!いやっほぅ!…と。
しかし、問題はその後すぐ起きたのである。
なんと、ポッケに入れていたはずのお使い用の2千円が、どこにも無いのだ!
少年はスーパーマーケットの支払い所に並ぼうとする時、まさかとは思っていたがポケットの中に手を入れて確かめてみたのだ。
そしてその瞬間、お金が無い事に気づいたのだ。
怒られる覚悟を決め、少年は何も持たずに家に帰ることにした。
今後は、お金はクツの中かくつ下に入れとこう。
少年は涙をこらえつつ、そう決心した。

暑い休日の晩に昔を思い出す

さやかちゃんはルックスはおっとりしているように見られるようだけど、活動的な女友達。
夫と、1歳になるけんちゃんと、仲良し3人一家で、フレンチレストランの隣のアパートに住んでいる。
正社員の仕事も育児も手際よくこなして、忙しいけれど、時間の使い方は素晴らしい。
ちょっとでも暇を見つけると、遊びに行っていい?と絶対連絡をくれる。
私は喜んでケーキを購入し、彼女の家におじゃまする。

雲が多い祝日の昼は椅子に座る
大物司会者が電撃引退みたいで、テレビでふんだんに扱っていますが、とてもすごい!!。
また変わる日本の総理大臣がどのような人になるかという内容よりニュースでも順番が前だったし。
どのような政治家が総理になっても変化しないと思う方も大変いますし、そんなことよりよくテレビで見る大物が芸能界を引退というほうが影響がでそうなんですかね。

勢いでお喋りする子供と草原

住んでいた場所が違うと食文化が異なることをいっしょに暮しだしてから大変思うようになった。
ミックスジュース飲む?と家内からなんでか聞かれ、売っていたのかなと考えたら、家で作るのが普通みたいだ。
ミカンやパイナプルとその他もろもろとアイスを挿入して、普通の牛乳を入れて家庭用のミキサーでミックスして終わりだ。
家でごくごくと飲んだのは初体験だけれど、しかし、とっても感動した。
美味だったし、くせになって、私もやっている。

風の無い水曜の晩にビールを
まだ行ったこともないモスクワに、必ずいつか行こうとと思う。
英語に飽きた時、ロシア語を勉強してみようかと思ったことがある。
けれども、ぱらぱらめくったロシア語の初歩的なテキストだけで即あきらめた。
verbの活用形が突き抜けてややこしかったのと、私ができない巻き舌。
旅行者としてグルジアワインとオリビエを楽しみにいけたらいいなと思う。

お役立ちリンク・関連リンクです。


引っ越し業者 格安 料金
格安の引越し業者の探し方、それは無料の一括見積比較。単身もファミリーも対応の引越業者で、最安値の業者さんはドコ?
自己破産などお金の悩みは無料相談から
自己破産をしようと思っている人、本当に自己破産が最善でしょうか?借金問題は、まずプロに無料相談してみましょう。

先頭へ
Copyright (C) 2015 太陽が見た滝と幻 All Rights Reserved.